大相撲大阪場所

大相撲大阪場所のチケットの買い方!日程・座席表・番付など見どころ紹介!

大相撲大阪場所は、大阪で年一回開催される大相撲の本場所です。

大相撲大阪場所が近づくと、「大阪に春が来た!」と言って、大阪や関西の人々のみならず日本中の人が心待ちにして喜びます。

ここでは、大相撲大阪場所のチケットの買い方や日程、座席表、番付など見どころを紹介します。

大相撲大阪場所とは?

大相撲大阪場所とは三月場所、春場所とも呼ばれる大相撲の本場所です。

春の三月に開催されるからですね。

これら三つの呼称の中で、正式名称は「三月場所」のようです。

「大相撲大阪場所とは?」といえば、三月開催の本場所だと誰もがピンとくるでしょう。

大相撲大阪場所の会場は、大阪府大阪市浪速区にある「エディオンアリーナ大阪」となっています。

エディオンアリーナ大阪は、大阪府立体育会館の別名。詳しい所在地は、下記のとおりです。

〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中三丁目4番36号

大相撲大阪場所は、中学卒業見込みの入門者が一年を通してもっとも多い場所。

そのため、6場所の中で初土俵を踏む新弟子が一番多く、「就職場所」との異名があります。

毎年2月の下旬には、東京駅から大勢のお相撲さんが新幹線に乗って大阪に乗りこむのも、もはや季節の風物詩ですね。

大阪にお相撲さんの姿がちらほら見え始めると、大阪の人たちは「今年も春が来た」と思うそうですよ。

お相撲さんが難波の街にやってきたら、各地でお相撲関連のイベントが開かれたりしますよね。

また、各相撲部屋の大阪場所の宿舎では、迫力ある朝稽古を見ようとする見物客があふれるようになります。

大相撲大阪場所の日程

大相撲大阪場所の日程は、初日が3月の第2もしくは第3日曜日となっています。

2020年(令和2年)の初場所は、初日が3月8日(日)でした。また、千秋楽は3月22日(日)でした。

ただし、2020年の大阪場所の開催は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため無観客での開催に決定しました。

初場所初日の前日の土曜日には、土俵祭りがエディオンアリーナ大阪で執り行われますが、2020年は土俵祭りも無観客、および力士不参加で行われる予定です。

大相撲大阪場所の番付

大相撲大阪場所の番付について紹介します。

大相撲大阪場所の番付は、初日のおよそ2週間前の月曜日に発表されます。

毎場所後に番付編成会議が招集され、その場所の成績に応じて翌場所の番付が編成されます。

2020年の大相撲大阪場所の番付編成会議は1月29日(水)に東京の両国国技館で行われました。

2020年の大相撲大阪場所では、豪栄道の引退に伴い貴景勝の1大関となるため、横綱が大関を兼ねる「横綱大関」を番付表に記載することが確認されました。

江戸時代以降、小結、関脇、大関の三役は欠くことができない決まりがあり、大関不在の場合は横綱が大関を兼ねるためです。

西大関が不在の場合は、西横綱が「横綱大関」となります。

1955年の3場所を除き、東西で大関が空位になった側の横綱は「横綱大関」と併記されています。

2020年大阪場所は、西横綱鶴竜が38年ぶりの横綱大関となります。

これは1982年初場所の西横綱北の湖以来ですが、この時は琴風の1大関だったため、こちらの表記となりました。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。