大相撲九州場所

大相撲九州場所のチケットの買い方!日程・座席表・番付など見どころ紹介!

大相撲九州場所は、九州の福岡で年一回開催される大相撲の本場所です。

大相撲九州場所は毎年11月に開催される本場所で、「十一月場所」が正式名称です。

毎年一年の締めくくりに行われる本場所として定着していますよね。

ここでは、大相撲九州場所のチケットの買い方や日程、座席表、番付など見どころを紹介しましょう。

大相撲九州場所とは?

大相撲九州場所とは、毎年11月に九州の福岡で15日間開催される大相撲の本場所です。

11月に開催されるため、大相撲九州場所は「十一月場所」とも呼ばれますが、本当はこちらが正式名称のようですね。

大相撲の九州場所が本場所となったのは1957年です。

1974年までは大相撲九州場所は、一般団体が相撲協会と共催して本場所を運営していた歴史があります。

しかし、1974年から大相撲九州場所は、日本相撲協会単独主催の自主興行場所となっています。

大相撲九州場所の会場は、福岡市博多区にある「福岡国際センター」です。

大相撲九州場所が開催される福岡国際センターの詳しい所在地は、下記のとおりです。

〒812-0021
福岡県福岡市博多区築港本町2-2

福岡国際センターは海が近くて、博多港がすぐ近くにあります。

場所入りするために、船を使って対岸から渡って来る相撲部屋もあります。

佐渡ヶ嶽部屋は、九州宿舎が海の近くの西戸崎に移転になり、宿舎から徒歩7分のところに船着き場があるそう。

そこから渡し船に乗れば、福岡国際センター近くの港に15分ほどで着くのだそうです。

陸上で電車に乗って移動するより時間短縮になるため、力士の皆さんは毎日渡し船に乗って場所入りしているそうですよ。

福岡国際センターの一帯は、福岡の中でも一大コンベンションセンターエリアとなっており、隣に福岡サンパレス、近隣には福岡国際会議場やマリンメッセ福岡があります。

大相撲九州場所の日程

大相撲九州場所の日程は、例年、初日が11月の第1もしくは第2日曜日となっています。

大相撲九州場所

2020年(令和2年)の九州場所の日程は、初日が令和2年11月8日(日)、千秋楽は11月22日(日)です。

それに先だっての番付発表は、10月26日(月)の予定となっています。

大相撲九州場所では、毎年初日の数日前に、日本相撲協会とNHK福岡放送局の共催で前夜祭が開かれています。

前夜祭の観覧は無料ですが、入場整理券が必要となっており、観覧希望者は、前もって往復はがきで応募する必要があります。

当選者のみ、1枚の当選はがきで2名まで入場できるようになっています。

大相撲九州場所のチケットの買い方

大相撲九州場所のチケットの買い方をご紹介します。

2020年(令和2年)の大相撲九州場所のチケットは、9月19日(土)から前売り券が販売開始される予定です。

また、大相撲九州場所のチケットは、他の本場所と同じように、下記の4つの方法で購入できます。

・ネットで購入する
・電話で購入する
・コンビニで購入する
・窓口で購入する

チケットの販売スケジュールも、最速先行抽選などいくつか種類があります。

ただ、令和2年の大相撲九州場所チケットの販売方法は、正式にはまだ告知されていませんので、購入を検討されている方は正式発表をお待ちください。

大相撲九州場所の番付

大相撲九州場所の番付について紹介します。

大相撲九州場所の番付は、初日のおよそ2週間前の月曜日に発表されます。

2020年の大相撲九州場所に向けての番付発表は、10月26日(月)に行われる予定です。

また、どの本場所においても、毎場所後に番付編成会議が招集され、その場所の成績に応じて翌場所の番付が編成されます。

2020年の大相撲九州場所の番付編成会議は、九月場所(秋場所)の後の9月30日(水)に東京の両国国技館で行われる予定です。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。